トップイメージ

自賠責保険という保険は正式名称で自動車損害賠償責任保険略して自賠責保険とよばれるものになります。

このような自賠責保険は通称強制保険と言われ、マイカーを定期車検に通す場合は決まっている期間内に効力のある自賠責保険に加入していなければなりません。

わかりやすく言えば全ての車に加入義務のある保険ということです。

それではクルマが自賠責保険に入ったまま手放した時にはどうなるでしょうか。

強制保険(自賠責保険)は車検時に更新されるケースが結構あったりしますが、もしも強制保険に加入した自動車を売りに出した際はお金が返還されるという事例はほとんどありません。

というのは自賠責保険の効力を抹消して、新しいオーナーにシフトすることは多少手間がかかるのです。

そのため、自動車損害賠償責任保険の場合は名義を変えて車と一緒に渡すのが基本です。

しかしながら、その代わりの価格を商品代に乗っけてくれるものです。

強制保険というのは自動車税とは異なり、支払った保険額を月々で割った金額が返金されるわけではなく、査定額に足す方法が使われるのが基本ですが、こういった内容が見積書に載るようなことは珍しいです。

ですので、買取の場合には強制保険の額が査定額に反映されているかを注意する必要があります。

自分で納付した額がいくらかだけでも把握しておけば間違いはないと思います。

自賠責保険の金額は期間次第で変わってくるため注意が必要です。

車の買い取りの時には自賠責の名義変更をする必要があります。

もしもこの作業を忘れていたら、保険会社より自賠責の満期を知らせる便りが届くことになります。

査定を検討中の車が少しでも高額で査定されることを応援したいと思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.calceducation.com All Rights Reserved.