トップイメージ

車の保険には、読者の皆様も知っているかと思いますが、等級という名で知られる制度があります。

正確にはノンフリート等級別料率制度といわれ、保険の掛け金にかなり多大に影響を与えています。

等級というのは、自動車損害保険に加入している人の公明正大さを可能な限り担保することを狙いとするため事故を起こす危険性や、自動車損害保険を用いられる確率がより高ければ大きいと認められるほど掛け金が値上げされます。

一方で交通事故を引き起こす恐れがより少なく、クルマの保険を使われると考えにくい方は、良い運転手に相違ないと認められ、保険の掛金が低額になります。

安全運転しているドライバーのほうが優遇される機構となっており自動車事故を引き起こしやすい利用者には不都合な機構だといえます。

等級というものは、リスクの低いドライバーと事故リスクが大きい運転者の保険料が同じだと公平でないと感じる利用者が大多数であるため保険の提供側側からしても損を減らすために否応無しに欠くべからざる制度だといえます。

それでは、等級とは詳細には一体どういった仕組みなのか端的にご案内いたしましょう。

まずは等級というシステムには1等級から20等級まで存在し被保険者の等級が大きくなるたびに保険の掛け金が値下げされる仕組みになっています。

第二に1等級より3等級においては値下げされず逆に保険料は割高になり自動車事故を起こし車の保険を使用すると等級が三つ下がり、負担が増えた自動車の保険を月々納めることにならざるを得ません。

そしてまったく新規で自動車損害保険に申請する時は六等級よりスタートとなり、その級から自分の数字が減っていくのか上がるのかは運転者の手にかかっています。

そのようなわけで、保険料を安く抑えたい運転手は、事故を発生させないように安全な運転に努めていくのがまずは一番効率的といえるでしょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.calceducation.com All Rights Reserved.